【精油】ローズマリー・カンファー

<学名> Rosmarinus officinalis CT1(Camphora)

<カテゴリー>:ハーバル 

<特徴>:クッキリとした樟脳臭の香り。

<揮発度>ミドルノート

 

 

<主な効果>:痰、低血圧、肩こり、筋肉痛、リウマチ・腰痛・坐骨神経痛、ダイエット・セルライト除去

 

<作用>:神経刺激作用、粘液溶解作用、胆汁分泌促進作用、胆汁排出促進作用、筋肉弛緩作用、脂肪溶解作用、リラックス作用、静脈鬱血除去作用、通経作用、少量投与で強壮作用、刺激作用、多量投与でリラックス作用、筋肉弛緩作用、精神強化作用、精神高揚作用

 

<禁忌>:乳幼児、妊産婦、授乳中の女性、てんかん患者には使用しない。

     (ケトン類に神経毒性があるため。また、筋肉収縮作用もあり投与量が多いと流産の危険性があるため)

 

<相性のいい精油>:柑橘系、ラベンダー、パイン、フランキンセンス、スパイス系

、タイム、ゼラニウム、エレミ、シダー

 

【ハーブ】 

<和名>:マンネンロウ、メイテツコウ

<抽出時間>:

<効果・効能>:血行促進作用、抗鬱作用、抗酸化作用、収斂作用、胆汁分泌促進作用、鎮痙作用

※妊娠中、高血圧の方は、長期の継続的使用は避ける。

 

心身に活力を与える。リフレッシュ、体内循環の向上により体を温める。冷え性や肩こり、老廃物の排出によるデトックス効果。美容のハーブ。

<ブレンドティー>: 

その他の利用法:料理、焼き菓子

 

 うんちく: